Information

インフォメーション

Policy

こだわり
創業者ジャヤ・ムールティは、母からムールティ家の料理を教わり、早くに母を亡くした後は、一家の食事担当として腕をふるっていました。 日本でインド料理と喫茶の店を開いてから、より本格的なインド料理のお店を目指して、ジャヤ夫妻によって磨き抜かれ、アジャンタの味が完成されました。「とにかく故郷南インドの純粋な料理を、日本のお客様に味わってほしい。」それがジャヤの想いでした。そのため、日本人向けにアレンジはしていません。グルメブームがまだ無かった昭和30年代から現在まで、多くのリピーターのお客様に支えられてまいりました。開店以来変わらないアジャンタの料理は、幅広い年齢層のお客様にご利用いただいています。
Founder, Jaya Murti, learnt home recipes from his mother, losing her at an early age, he took charge of the kitchen for the large family. The culinary work of AJANTA was accomplished by simply following his mother's discipline. Opening an Indian coffee shop with his Japanese wife, within three years the couple turned it to an authentic Indian restaurant, With a wish to have Japanese savour pure south Indian home cooking. None of our food is arranged for the Japanese palate. Way before the "gourmet boom", since 1957, we have been supported by countlesss repeaters. Unchanging cuisine of AJANTA attracts clients of wide age range.